学会発表・講演

2020

羽原史織・山口銀乃介・Beth M. Cleveland・Risa M. Radler・清水宗敬

ニジマスのインスリン様成長因子結合蛋白のゲノム編集と絶食への応答

令和2年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、令和2年3月26日〜30日

 

及川 仁・中村 周・金子信人・虎尾 充・越野陽介・清水宗敬

シロザケ稚魚の成長と代謝に及ぼす降海前後の摂餌状態と水温の影響

令和2年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、令和2年3月26日〜30日

 

宮西 弘・前川龍之介・上林大介・宇賀地優希・清水宗敬・渡邊壮一・金子豊二・内田勝久

ヤマメ仔稚魚期の海水経験による成長促進

令和2年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、令和2年3月26日〜30日

 

長谷川竜也・三浦拓人・木﨑亮佑・田中英絵・佐藤萌絵・清水宗敬

サケ科魚類に特有なインスリン様成長因子結合蛋白-1の組換え蛋白作製と機能解析

令和2年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、令和2年3月26日〜30日

 

金子信人・Tom Ole Nilsen・田中英絵・原 彰彦・清水宗敬

サクラマスにおける血中インスリン様成長因子結合蛋白-1aと成長率との関係

令和2年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、令和2年3月26日〜30日

 

鈴木章太郎・高橋英佑・Tom Ole Nilsen・卜部浩一・宇賀地優希・山羽悦郎・清水宗敬

光周期操作によるサクラマス(Oncorhynchus masou)のスモルト化の早期誘導とそれに伴う生理学的変化

令和2年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、令和2年3月26日〜30日

2019

及川 仁・中村 周・金子信人・越野陽介・虎尾 充・清水宗敬

シロザケ稚魚の肝臓グリコーゲン量に及ぼす摂餌状態と水温の影響

第13回サケ学研究会、函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館)、令和元年11月30日〜12月1日

Munetaka Shimizu (Invited talk)

Fish physiology and sustainable aquaculture

JSPS Alumni Club in Norway Activity Seminar "Science-based innovation: connecting research and business for a sustainable future"

Research Council of Norway (Oslo, Norway), November 19, 2019.

 

Beth M. Cleveland, Ginnosuke Yamaguchi, Shiori Habara, Lisa M. Radler, and Munetaka Shimizu (Invited talk)

Editing the duplicated insulin-like growth factor binding protein-2b gene in rainbow trout (Oncorhynchus mykiss) and the compensatory response of the somatotropic axis

4th International Conference on Integrative Salmonid Biology (Royal College of Surgeons, Edinburg, Scotland), November 17-20, 2019.

 

Munetaka Shimizu (Invited talk)

Research and education collaboration platform within sustainable aquaculture and integrative fish biology

High-level Dialogue Forum "Experiences from Japan-Norway institutional collaboration-Connecting research, education and innovation".

The Norwegian Embassy (Tokyo), November 7, 2019

 

清水宗敬・虎尾 充(招待講演)

生理学的指標から見たサケ稚魚の種苗性と海洋環境とのマッチング

令和元年度日本水産学会北海道支部大会(公開シンポジウム「国際サーモン年におけるサケの持続可能な資源管理に向けた研究活動」)、北海道立道民活動センター(札幌)、令和元年11月2〜3日

 

長谷川竜也・田中英絵・木﨑亮佑・佐藤萌絵・清水宗敬

サケ科魚類に特有な4つのインスリン様成長因子結合蛋白-1の組換え蛋白作製と精製

令和元年度日本水産学会北海道支部大会、北海道立道民活動センター(札幌)、令和元年11月2〜3日

山口銀乃介・木﨑亮佑・中嶋拓郎・清水宗敬

サクラマス群における血中インスリン様成長因子結合蛋白のホルモンによる調節

平成31年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、平成31年3月26日〜29日

 

及川 仁・中村 周・金子信人・宮腰靖之・清水宗敬

シロザケ稚魚の成長に及ぼす降海前後の摂餌状態と水温の影響

平成31年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、平成31年3月26日〜29日

 

Munetaka Shimizu, Ryousuke Kizaki, Brian R. Beckman, and Walton W. Dickhoff

Insulin-like growth factor binding protein-2b in salmon: its identity, utility as growth index and possible role in growth

Aquaculture 2019 (New Orleans Marriott, New Orleans, LA), March 7-11, 2019.

 

清水宗敬

サケマスの成長指標としてのインスリン様成長因子結合蛋白

サケマスの生理・生態学研究の最前線(宮崎)、平成31年3月1日

2018

長谷川竜也・田中英絵・木﨑亮佑・佐藤萌絵・清水宗敬

サクラマスの組換えインスリン様成長因子結合蛋白-1の作製

第12回サケ学研究会、函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館)、平成30年12月2日

 

中村 周・金子信人・宮腰靖之・清水宗敬

サケ稚魚の種苗性と海洋環境とのマッチングに関する実験的検証

第12回サケ学研究会、函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館)、平成30年12月2日

 

佐藤大介・棟方有宗・廣井準也・阿部嵩志・工藤秀明・長谷川竜也・清水宗敬・梅野佑一郎・山本直之・村下幸司・竹井祥郎・Lukas Lorentzen・Angela Etayo・Ross Cairnduff・Endre Lygre・Ana S. Gomes・Tom O. Nilsen

春季におけるサクラマスの春・秋スモルトの塩類細胞、成長ホルモン、嗅覚、食欲指標

第43回日本比較内分泌学会大会、東北大学(仙台)、平成30年11月10日

 

髙橋光太・棟方有宗・鈴木章太郎・清水宗敬・野知里優希・Gaute W. Seljestad・Malthe Hvas・Lars O.E. Ebbesson・Tom O. Nilsen

サクラマス秋スモルトの甲状腺ホルモン・IGF-1・NKA活性の変動

第43回日本比較内分泌学会大会、東北大学(仙台)、平成30年11月10日

 

中村 周・野中達浩・栗田大樹・金子信人・宮腰靖之・清水宗敬

サケ稚魚の種苗性と海洋環境とのマッチングの検証—淡水中での絶食の影響

第43回日本比較内分泌学会大会、東北大学(仙台)、平成30年11月10日

 

清水宗敬(招待講演)

さけ—生理学から見た初期減耗メカニズム—

第17回北海道海洋生物科学研究会シンポジウム、北海道大学(函館)、平成30年11月9日

 

Beth M. Cleveland, Ginnosuke Yamaguchi, Lisa M. Radler, and Munetaka Shimizu

Editing the insulin-like growth factor binding protein-2b gene in rainbow trout

13th International Congress on the Biology of Fish (University of Calgary, Calgary, Canada), 15-19 July, 2018

 

清水宗敬(招待講演)

サケ幼稚魚のリアルタイム成長評価のための技術開発

平成30年度日本水産学会春季大会シンポジウム、東京海洋大学(品川)、平成30年3月26日

 

金子信人・虎尾 充・藤原 真・越野陽介・宮腰靖之・清水宗敬

シロザケ稚魚における血中ホルモン量を用いた成長評価:2013-2017年の野外調査の結果

平成30年度日本水産学会、東京海洋大学(品川)、平成20年3月27日

 

2017

Munetaka Shimizu

Unraveling the roles of circulating insulin-like growth factor binding proteins in fish growth

International Symposium on Fisheries Sciences for Future Generations (Tokyo University of Marine Science and Technology, Shinagawa, Tokyo, Japan) Sept 22-24, 2017

 

Yu Inatani, Toshinao Ineno, Shiori Sone, Naoto Matsumoto, Katsuhisa Uchida, and Munetaka Shimizu

Assessment of the timing of “smoltification” in masu salmon in Miyazaki, south Japan

10th International Workshop on Salmon Smoltification (Uni Research, Bergen, Norway) Aug 14-18, 2017

 

金子信人・虎尾 充・藤原 真・越野陽介・宮腰靖之・清水宗敬

血中インスリン様成長因子結合蛋白-1bを用いたシロザケ稚魚の成長評価

平成29年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川)、平成29年3月27日

 

棟方有宗・新房由起子・佐藤大介・清水宗敬

広瀬川のサクラマス秋スモルトの浸透圧調節能と降海性

平成29年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川)、平成29年3月27日

 

中村 周・金子信人・宮腰靖之・清水宗敬

淡水中の摂餌状態と海水温がシロザケ稚魚の成長に与える影響の評価

平成29年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川)、平成29年3月27日

 

田中英絵・中野裕介・水田紘子・平松尚志・清水宗敬

サクラマスインスリン様成長因子結合蛋白-1の機能的組換え蛋白の作製

平成29年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川)、平成29年3月29日

 

2016

Munetaka Shimizu, Hanae Tanaka, Gakuto Oishi, Yusuke Nakano, and Hiroko Mizuta

Production of recombinant salmon insulin-like growth factor binding protein-1 subtypes

8th International Symposium on Fish Endocrinology (Lindholmen Conference Center, Gothenburg, Sweden) June 29-July 2, 2016.

 

金子信人・谷山奈津美・宮腰靖之・清水宗敬

シロザケ稚魚における個体成長率とインスリン様成長因子-I血中蛋白・遺伝子発現量の関係

平成28年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成28年3月28日

 

實吉隼人・大森始・飯嶋亜内・小山達也・春日井潔・宮腰靖之・金子信人・清水宗敬

北海道太平洋東部釧路川沿岸におけるサクラマス幼魚の出現動態

平成28年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成28年3月27日

 

2015

清水宗敬

サケの成長と回遊

第9回サケ学研究会、北海道大学(札幌、北海道)、平成27年12月20日

 

Nobuto Kaneko, Natsumi Taniyama, Yu Inatani, Makoto Fujiwara, Mitsuru Torao, Yasuyuki Miyakoshi, and Munetaka Shimizu

Circulating insulin-like growth factor-I in juvenile chum and pink salmon: relationship with growth rate and changes during downstream and coastal migration in eastern Hokkaido, Japan

NPAFC International Symposium on Pacific Salmon and Steelhead Production in a Changing Climate: Past, Present, and Future (Kobe International Conference Center, Kobe, Hyogo, Japan) May 17-19, 2015

 

Yasuyuki Miyakoshi, Makoto Fujiwara, Mitsuru Torao, Nobuto Kaneko, Munetaka Shimizu, and Mitsuhiro Nagata

Estuarine use and growth of junvenile chum and pink salmon in eastern Hokkaido

NPAFC International Symposium on Pacific Salmon and Steelhead Production in a Changing Climate: Past, Present, and Future (Kobe International Conference Center, Kobe, Hyogo, Japan) May 17-19, 2015

 

金子信人・谷山奈津美・藤原 真・虎尾 充・宮腰靖之・清水宗敬

カラフトマス稚魚の降海回遊に伴う生理学的な成長指標の変化

平成27年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成27年3月28日

 

志村遥夏・中嶋拓郎・浦 和寛・清水宗敬

ビワマスNa+,K+-ATPase a1bサブユニットのプロモーター領域のクローニング

平成27年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成27年3月30日

 

2014

志村遥夏・中嶋拓郎・清水宗敬

ビワマスとアマゴの鰓グルココルチコイド受容体のホルモンと塩分に対する反応

第8回サケ学研究会、北海道大学(函館、北海道)、平成26年12月21日

 

谷山奈津美・金子信人・稲谷 祐・宮腰靖之・清水宗敬

シロザケ稚魚のインスリン様成長因子-IとRNA/DNA比に対する塩分と摂餌状態の影響

第8回サケ学研究会、北海道大学(函館、北海道)、平成26年12月21日

 

Munetaka Shimizu, Kohei Kawaguchi, Miki Fukuda, Nobuto Kaneko, and Yusuke Nakano

Two insulin-like growth factor binding protein (IGFBP)-1 subtypes as negative growth indices in salmon

11th International Congress on the Biology of Fish (Heriot-Watt University, Edinburgh, UK), August 6, 2014

 

Nobuto Kaneko, Natsumi Taniyama, Yu Inatani, Yuta Nagano, Yasuyuki Miyakoshi, Makoto Fujiwara, Mitsuru Torao, and Munetaka Shimizu

Changes in physiological growth parameters during downstream and coastal migration in chum salmon of eastern Hokkaido, Japan

11th International Congress on the Biology of Fish (Heriot-Watt University, Edinburgh, UK), August 5, 2014

 

Yu Inatani, Takuro Nakajima, Toshinao Ineno, Haruka Shimura, Katsuhisa Uchida, and Munetaka Shimizu

Comparison of seasonal profiles of gill Na+,K+-ATPase between masu salmon in southern and northern Japan

11th International Congress on the Biology of Fish (Heriot-Watt University, Edinburgh, UK), August 4, 2014

 

金子信人・谷山奈津美・稲谷 祐・長野雄太・宮腰靖之・藤原 真・虎尾 充・清水宗敬

網走流域・沿岸におけるシロザケ稚魚の生理的変化

平成26年度日本水産学会春季大会、北海道大学(函館、北海道)、平成26年3月30日

 

Munetaka Shimizu

A physiological mechanism of low seawater adaptability in a landlocked masu salmon, Biwa salmon

2014 International Sancheoneo Symposium in Hwacheon (Youth Culture Center, Hwacheon, Korea), January 4, 2014 (Invited talk)

 

2013

福田美樹・川口航平・木村志津雄・原 彰彦・清水宗敬

サケ科魚類のインスリン様成長因子結合蛋白の免疫測定法の確立と成長との関係

第7回サケ学研究会、北海道大学(札幌、北海道)、平成25年12月22日

 

中嶋拓郎・片岡佳孝・藤岡康弘・浦 和寛・原 彰彦・清水宗敬

ビワマスの海水適応能に及ぼすホルモン投与の影響

平成25年度日本水産学会秋季大会、三重大学(津、三重)、平成25年9月20日

 

Takuro Nakajima, Yoshitaka Kataoka, Haruka Shimura, Miyuki Yamamazaki, Yasuhiro Fujioka, Kazuhiro Ura, Akihiko Hara, and Munetaka Shimizu

A physiological mechanism of low seawater adaptability in a landlocked masu salmon, Biwa salmon

The 9th International Workshop on Salmonid Smoltification (Grand Hotel, Reykjavík - University of Hólar, Hólar, Iceland), August 13-17, 2013.

 

川口航平・福田美樹・中野裕介・木村志津雄・原 彰彦・清水宗敬

サクラマスの2種類のインスリン様成長因子結合蛋白-1の絶食・再給餌に対する反応と成長率との関係

平成25年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成25年3月28日

 

金子信人・川口航平・木村志津雄・原 彰彦・清水宗敬

サクラマスにおける血中インスリン様成長因子-Iと成長率との関係

平成25年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成25年3月28日

 

Munetaka Shimizu

Circulating insulin-like growth factor binding proteins in salmon: Duplication matters

Invited seminar at National Institute of Nutrition and Seafood Research (Bergen, Norway), March 4, 2013  

 

2012

中嶋拓郎・山崎みゆき・片岡佳孝・藤岡康弘・原 彰彦・清水宗敬

ビワマスの海水適応能に及ぼすホルモン投与の影響

第6回サケ学研究会、北海道大学(函館、北海道)平成24年12月8日

 

金子信人・下村考弘・飯嶋亜内・卜部浩一・原 彰彦・清水宗敬

成長履歴の異なるサクラマススモルトにおけるインスリン様成長因子-Iの変化

第6回サケ学研究会、北海道大学(函館、北海道)平成24年12月8日

 

清水宗敬(招待講演)

陸封サクラマス(ビワマス)の海水不適応能の解析

第11回北海道海洋生物科学研究会シンポジウム、北海道大学(函館、北海道)、平成24年11月2日

 

Munetaka Shimizu, Seira Suzuki, Keisuke Kishimoto, Teppei Yamaguchi, Akihiko Hara

Circulating salmon insulin-like growth factor binding proteins: Duplication matters

7th International Symposium on Fish Endocrinology (NH City & Tower, Buenos Aires, Argentina), Sept 3-6, 2012

 

Ernst M. Hevrøy, Christian Tipsmark, Sofie Remø, Tom Hansen, Pål A. Olsviki, Rune Waagbø, Munetaka Shimizu

Elevated temperatures results in similar growth regulation of IGF-I and IGF binding proteins in Atlantic salmon and rainbow trout

7th International Symposium on Fish Endocrinology (NH City & Tower, Buenos Aires, Argentina), Sept 3-6, 2012

 

Sofie Remø, Christian K. Ticpsmark, Munetaka Shimizu, Tom Hansen, Rune Waagbø, Ernst M. Hevrøy

Catabolic and anabolic actions of IGF-I and IGFBPs in Atlantic salmon (Salmo salar L.) reared at high temperature during starvation and restricted feeding

7th International Symposium on Fish Endocrinology (NH City & Tower, Buenos Aires, Argentina), Sept 3-6, 2012

 

中嶋拓郎・片岡佳孝・藤岡康弘・山崎みゆき・浦 和寛・原 彰彦・清水宗敬

ビワマスの降湖時期における鰓Na+,K+-ATPaseの活性と発現量の変化

平成24年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成24年3月27日

 

下村考弘・中嶋拓郎・堀越萌李・飯嶋亜内・卜部浩一・水野伸也・平松尚志・原 彰彦・清水宗敬

サクラマスの銀化に伴うインスリン様成長因子−Iの変化と鰓Na+,K+-ATPaseとの関係

平成24年度日本水産学会春季大会、東京海洋大学(品川、東京)、平成24年3月28日

© Munetaka Shimizu. Faculty of Fisheries Sciences, Hokkaido University